新しい吸音材の形

超軽量型吸音材「CALMOFOAM(カルモフォーム)」は、今までに無い特徴を持った高性能吸音材です。


特長

安心
特性
 

タイプH

強度アップと二次加工が容易に出来るペーパーハニカムへ圧入したタイプです。

接着剤は使用しておりません。
安心してお使い頂けます。

サイズ:25mm×910mm×910mm 重さ0.7kg
サイズ:50mm×910mm×910mm 重さ1.6kg
建築基準:F☆☆☆☆
材質:フェノール樹脂+ペーパーハニカム

「CALMOFOAM」の細かな3次元セル (空気層)が音をどんどん吸い込みます。

「CALMOFOAM タイプH 50t」
JIS A 1409 残響室法吸音率測定値
日本建築総合試験所測定 IVA-14-0233

「CALMOFOAM タイプH 25t」
JIS A 1409 残響室法吸音率測定値
日本建築総合試験所測定 IVA-14-0237

タイプB

※フォームのみのタイプです。

厚み:10mm~150mm
縦: 300mm~1,200mm
横: 300mm~1,000mm
材質:フェノール樹脂
重さ:0.46kg
(25mm×910mm×910mm)
建築基準:F☆☆☆☆
生産国:日本製
自社テスト(薄厚タイプ吸音性能)
「CALMOFOAM タイプB 15t」と
「グラスウール 15t 密度32kg」の吸音テスト結果
測定方法:垂直入射吸音率法
(大阪府立産業技術総合研究所 機器使用) 1/3オクターブ

薄くても吸音しますので、限られたスペースでも効果を発揮致します。


お取扱いについて
  1. 「CALMOFOAM」は吸音材です。防音には遮音材と組み合わせてご使用下さい。
  2. 表面に衝撃を加えますと凹みます。この凹みは戻りませんので取扱いにはご注意ください。
  3. 表面に剥離した樹脂が粉状についている場合があります。衝撃を与えますと粉が飛散する可能性があります。
  4. 加工時に樹脂の粉が出ますので、防塵対策をお勧め致します。
  5. 直射日光や蛍光灯などの明かりを長時間受けますと変色致します。(性能劣化はありません)
  6. 吸水しても時間の経過とともに乾燥します。(湿気による保湿性はほとんどありません。)
  7. 加工等で不要になった端材は、可燃ごみ処分が出来ます。(必ず地方自治体の基準に従って下さい)
  8. フォームの密度やご希望の形状にも対応可能です。詳しくは代理店もしくは当社までお問い合わせ下さい。